*

そうなんだ!バイク屋さんが教えるバイクの洗車方法

     最終更新日: 2016/02/14

にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ

ご覧いただきありがとうございます^^
よければ、左下のベルをクリックしてね^^


バイク屋さんが開催する洗車教室へ行ってきて、洗車方法を教えてもらいました。

Ninja250(250cc)とクロスカブ(原付二種)をそれぞれ別の時に教えてもらいましたが、
基本一緒です。

 

1.道具の準備

道具を用意します。

  • スポンジ
    スポンジですが、黄色い普通のスポンジを使っていませんか?
    硬いので、ボディーに傷がつきやすいです
    こんなような柔らかいスポンジを使ってくださいね。

Surluster(シュアラスター) 洗車用スポンジ ウォッシングスポンジ S-70

  • シャンプー
    汚れは泡で落とします。泡立ちが良い物を選んでください。
    バイクの場合は、車よりも面積も少ないので、いいものを選んでくださいね。

SONAX(ソナックス) カーシャンプー グロスシャンプー 314300

通常、洗剤は、界面活性剤のより汚れを落とします。

となれば、食器用洗剤でもいいことになりますが、
食器用洗剤は、油やタンパク質を落とすための
添加剤が入っていたりします。
中には、漂白剤やアルカリ剤も入っていたりしますので、
専用のものがよいですね。

また、研磨剤が入っているシャンプーもありますが、
ソナックスのカーシャンプーは、研磨剤が入っていません。
また、陰イオン界面活性剤を使っています。

陰イオン界面活性剤は、比較的に使われている活性剤となります。
陽イオン界面活性剤は、髪を洗うシャンプーや柔軟剤など、比較的に弱い洗浄能力となります。

ドイツ本国でSONAXの製品はフォルクスワーゲン、メルセデスベンツ、BMW、アウディ、ポルシェなど誰もが知る一流メーカーに純正採用されています。
出典:https://www.okamoto-sangyou.co.jp/sonax/company.html

  • ワックス
  • タオルや吸水性タオルなどバイクを拭くもの
    通常のタオルだと、吸水性が悪いので、吸水性の高いタオルを使っています。

アイオン(AION) 拭き取りクロス プラスセーヌ L ブルー

使用した後、ケースにちゃんと入れておかないと、乾燥して固くなります。
ただ、水につければ、元に戻ります。
実は、10年位使っていますが、ダメにならないですね。

  • チェーンオイル、潤滑油など
    通常使っているもので良いです。
  • ホースなど
    高圧洗浄機は汚れがひどい場合など、使うと楽ですが、気をつけないとトラブルを招きます。
    水が高圧でかることを想定していません。例えば、エアクリーナーの吸気口やマフラーなどです。
    バイク仲間は、シール(ステッカー)が剥がれました笑。

 

2.作業の準備

基本、バイクは雨で濡れることが前提に作られているので、水がかかっても大丈夫ですが、
洗車の場合は、想定していない場所や角度から水が強くかかる可能性もあるので、
できるだけ、配慮しておきます。

  • は抜いておきます。
  • バイク用ETCは基本防水仕様なので、濡れる心配はありませんが、心配ならカードを抜いておきます。
  • USB電源が取り付けてある場合は、ビニール等で水が掛からないようにします。
  • マフラーについては、多少水が入っても大丈夫のようです。
    洗車後にエンジンを掛けて、水を飛ばしてしまいます。

 

水でホコリなどをよく落とします
これをしないと、スポンジで洗った時に、スポンジに細かい砂が入ることがあり、
そのままの状態で擦ると、傷がついてしまうためです。

バイクの下のほうから見て確認しましょう。

基本、泥は下から上、前から後ろ、タイヤの回転方向等へ跳ねます。
どこに泥が飛びやすいかを考えて、水で流しましょう。

写真をとっておくと後で洗車前と洗車後を比較できます。

 

3.洗う順番

基本的に上から下へ洗います。
これは、水や汚れがが上から下へ流れるからです。

そして、大体、前から後ろへ向かって洗っていきます。
当たり前ですが、バイクは前から水がかかることを想定していることから、
前から水をかけて行ったほうが、
例えば、マフラー等に水が入ることが少なくなります。

順番です。一例ですので、お好みで洗っていただければ良いと思います。
バイクによっては、下記の部位が無かったりしますので、飛ばしてもらえればいいです。

      1. 水をかけて、ホコリや砂をよく落としておきます。
      2. タンクを洗います。
        特に傷がつきやすいので、気をつけます。
      3. ウィンドシールドを洗います。
      4. 計器類ハンドルを洗います。
      5. アッパーカウルビキニカウルなど、フロント部分(前方部分)を洗います。
      6. シートリアシートシートまわりを洗います。
      7. サイドカウルを上から下へ洗います。
      8. 下回りタイヤなど泥がつきやすい部分を洗います。
        スポンジを別のものに変えて行うのも良いです。
        砂等がスポンジに入ると、傷がつくことから、
        古いので構わないので専用のものがあったほうがいいです。

上記の順番は、上から下へでかつ、傷かつきやすい部分、傷がついたら嫌な部分から汚れやすい部分や泥がつきやすい部分の順番です。

 

4.仕上げ

水をよく拭きます。
暑い日などは、水が乾きやすく、跡が残ることがありますので、速やかに行います。

バイクを拭くのに下記のような吸水性のものを使うと、水をよく吸い取り乾くのが早くなるので、非常に便利ですね。
塗装部分をワックスで仕上げます。

ワックスの機能として塗装面を守るということがあります。
長く乗るのであれば、塗装面にはワックスをしておきたいところです。

 

5.メンテナンス

チェーン等に潤滑油を差しておきます。
チェーンは特に錆びやすいので、濡れたらメンテナンスをしましょう。

 

 

 

★関連記事★

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村
ブログパーツ

 -カスタマイズ

  Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Optionally add an image (JPEG only)

  関連記事

クロスカブのバッテリーを交換する

バッテリーがだめになってきたようで、今回は、クロスカブのバッテリー交換をいたします~  

2018年版バイクに乗る時の寒さ対策

だいぶ冷え込むようになってきましたね。   こちらの記事にてすでに書いていますが、改めて、

バイクを押しがけでエンジンをかける方法(Ninja250)

Ninja250のバッテリーをあげてしまいました。 インターネットで調べてみると、 「最近のエンジン

バイクの振動対策

最初にお断りしておくと、毎度のことですが、それほど参考になる話ではないです~\(^o^)/ &nbs

クロスカブにハイオクを入れてみる

諸事情によりクロスカブにハイオクを入れてみました。   そして、結果・・・  

クロスカブのメンテナンス(まとめ)

クロスカブのメンテンナスを書いた過去の記事のリンク集となります。     目次1

クロスカブの魅力(18個の良いところ、9個の残念なところ)

今回は、クロスカブの魅力について、お話いたします~^^     クロスカブは、郵

クロスカブのヘッドライトの電球(ヘッドライトバルブ)を交換する方法

ついに切れました。   「上司に?」   そうそう、堪忍袋の緒が切れて、ついに、

クロスカブにガソリン添加剤を入れてみる

前回、エンジンが始動後落ちる減少に見舞われていることを記事にしました。 そこで、今回は、クロスカブに

クロスカブのタイヤ交換の方法

こんにちは。クロスカブのタイヤ交換の方法をご紹介します。 クロスカブのタイヤは、前後とも「2.75-

googleアドセンス

本当に運が悪い?運について考えてみる。

こちらの記事で、 元旦にツーリングをして 初詣をしてきました。 その際におみくじをしました。 &nb

バイクやツーリング中で撮る写真の話

ホンダのライダーズボイスというサイトをご存知でしょうか? ホンダ系バイクを写した写真を投稿したり、見

プチマスツーリング 大社参拝とラーメン食べに行くよ

さて、今日は、バイク屋さん企画のツーリングへ 参加いたします。   久々の大勢でのツーリン

バイクの寒さ対策を考える

寒い中よく乗ってるなと思われる方もいらっしゃるかと思いますが、 意外と・・・寒いです!  

no image
一年の計は元旦にあり。今年のツーリング予定を考える。

一年の計は元旦にありと言いますね。 一年の計の諸説はいろいろあるらしいのですが、 いずれにしても、

  • メルマガの購読

  • まのんプロフィール

    名前:まのぴ~
    血液型:0型
    所在地:信州(長野県)
    バイク:Ninja250、クロスカブ
    自己紹介:へっぽこライダー。へっぽこITエンジニア。個人投資家ダメリーマン。2013年から本格的にバイクに乗り出す。Ninja250でお遍路中にコケるもなんとか11日間で全部回ってみたり、クロスカブで信州から四国までフェリーを乗り継いで1日で行って見たり、ボロボロになりながら、ツーリングライフを楽しんでいます。

    詳しいプロフィールはこちら

    にほんブログ村 バイクブログ ツーリング(バイク)へ
    参加中♪順位はバナーをクリック!


    バイクツーリング日記 ブログランキングへ