*

美ヶ原高原の王ヶ鼻(おうがはな)へ歩いていく

   

にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ

ご覧いただきありがとうございます^^
よければ、左下のベルをクリックしてね^^


前回(美ヶ原高原道路をツーリングする!)、美ヶ原高原道路の終点に来ました。
今回は、歩いて王ヶ鼻(おうがはな)へ行ってみます。
ここから歩いて30分位(1kmくらい)です。

マップ

 

王ヶ頭と王ヶ鼻と似たような名前が2つあるんですが、
時間がなければ、王ヶ鼻のほうが良いかなって思います。

 

ツーリング・・・ではなく、ウォーキングスタート_| ̄|○

さて、私は普段からあまり歩いていません。
好きではないのかもしれないので、バイクに乗っているのかもしれません。
そんな私が歩こうっていうんだから、自分で言うのもあれなんですが、大したものですw

現在、終点です。
ここからは歩きです。

 

近くに売店がありますね。
もう休憩したい気持ちでいっぱいです。

 

 

さて、歩きます。

 

 


200mくらい歩きましたか・・・
分岐に来ました。
もうダメ・・・疲れた
日頃の運動不足がー

階段を上がっていくと、王ヶ頭に行きます。
階段の方ちょっと急です。

写真には見えていませんが、右側に道があります。
そちらに行くと、王ヶ鼻です。今回はこっちで。

斜面は緩やかな上りですが、へっぽこにはちときつい。

王ヶ頭の方にはアンテナ(電波塔)がいっぱいあるのですが、こっちにも少しアンテナがありますね。
アンテナ(電波塔)の方には行かずに、分岐から王ヶ鼻へ向かいます。

 

 

で、途中の分岐を間違えて、アンテナの方に来てしまいました_| ̄|○
間違えたとわかったとき、愕然としましたよ。(ちょっとの距離ですけどね)

野球場にあるスコアボードみたいですが、これもアンテナっぽいです。

 

 

 

あ、こっちから見る美ヶ原高原道路もいいですね。
前回の問題で出題した風景です。

 

 

 

建設省(現国土交通省)って書いてあったよ。
何に使っているのでしょうかね。

 

美ヶ原高原観光連盟のホームページによれば、昭和38年に建設された無線中継局のようですね。

 

 

曲がらなければならない分岐まで戻り、王ヶ鼻を目指します。
この先にあります。

 

王ヶ鼻へきたー\(^o^)/

 

人だかりが(゚д゚)!、どうやら王ヶ鼻へ到着しました。

 

 

間違いなく王ヶ鼻ですね^^
標高2008mもあるんですね。
涼しいです~\(^o^)/
下界では35度となっているらしいです(゚д゚)!
(下界へ降りたとき、暑さにびっくりしましたよ)

 

 

うぁーすばらしいー
ただ景色がいいだけではなく、絶壁の上なので、上も下も左も右も絶景ぃぃぃぃぃ~
って感じですw

 

 

これ、すぐそこ絶壁っぽいです・・・。
高所恐怖症なので、足が震えまする~

 

 

富士山が見える~

 

王ヶ頭の方を見てみましょう。

 

電波塔がいっぱい見えます。

 

 

案内がありました。

「王ヶ鼻 標高2008m」

日本百名山3分の1近い山々を一望できる眺望スポット。
美ヶ原の中で一番景色がすばらしいと言われています。
日本の中心に近い場所にあるので、北アルプス連峰をはじめ、
日本の屋根ともいえる名峰が360度の大パノラマの展望
楽しんで頂けます。
『王ヶ頭』と『王ヶ鼻』の由来は、
麓の松本から見ると王ケ 頭が冠を戴いた王の顔、
王ヶ鼻がその鼻に見えるからだと
言われています。」

うむ。

たしかに、美ヶ原高原の中で一番かもしれません。
これは歩いてくる価値がありますね^^

一度も山に登って風景を見たことがなければ、
お手軽に山頂の絶景を楽しめるので、
行ってみても良いんじゃないかなって思います^^

 

一応、短いけど動画も撮ってみた。

 

 

このあと、王ヶ頭に行ってみました。
どうでもいい内容ですが(いつもかなw)、
自分の記録用に記事を作るかもしれません。

 

 

バイクばかり乗っているので、運動不足気味の私には良かったかも^^
王ヶ頭から駐車場に着いてからは、しばらく体が動けませんでした(笑)

 

 

ではでは~

 

10倍楽しむ!37の長野県ツーリングロード

編集後記

今回歩いてみて、絶景を求めて山を登る人の気持ちが少しわかった気がします。
おそらく、楽して登ってしまうと、歩いて登ったときに比べ
あまり感動がないのかもしれません。
そういった意味では、山の頂上からの景色は
苦労して登った人たちへのご褒美なのかもしれませんね^^

 

 

 

 

 

 

 

 

 

★関連記事★

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村
ブログパーツ

 -ツーリング

  Comment

  1. マサ より:

    ツーリングと軽登山、お疲れ様でした~m(_ _)m
    自分も二十年前は軽登山が趣味でしたが、今はツーリング一筋ですね~😅
    七年前に習い事のストレッチで右膝を痛め、最近の体重増加に伴い、先週の火曜日から思い出したかのようにその古傷の激痛が右膝を圧迫したためか、急に痛み始めました😖
    やはり登山は自分の脚で苦労して登った達成感と充実感の二言に尽きますね‼️
    そして、ご褒美は絶景と食事♥️
    今は膝の激痛でもう登りたくありませんけど、結局は痩せろと言う体からのメッセージですね😅

    • まのぴ~ より:

      コメントありがとうございます~
      私も以前体重増加と運動不足のため、膝の痛みに襲われたことがあり、
      運動しろ!痩せろ!って命令だったのでしょうね^^;
      とは言っても以前とあまり変わってませんけど^^;
      同僚に山がきれいだったと話したら、山好きは人でして、
      登りに行こうって言われ、
      登りに行く羽目になりそうな雲行きです(逃げるけどw)
      長野は朝晩だいぶ涼しくなってきましたね^^

  Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Optionally add an image (JPEG only)

  関連記事

勝手に第1回長野県縦断ツーリング

本当は2017年9月16日~18日にかけていこうと思っていたのですが、大型の台風18号が直撃する可能

第2回長野県縦断ツーリング(案)

さて、今年もやってきました勝手に長野県縦断ツーリング。 第2回目となりました。 第1回目はこちら は

クロスカブで行く!高野山への旅 後編/なんと!?

クロスカブで行く!高野山の旅 前編の記事はこちら   目次1 高野山 2日目(2016年9

冬のビーナスラインに行ってみる

3月ですが、ひさびさに雪が降りました。     郵便屋さんは、雪でもカブなので本

地蔵峠(旧飛騨街道)(長野県)をツーリングする

地蔵峠(旧飛騨街道)をツーリングします。   地蔵峠は、いくつかあるんですが、今回は、木曽

第2回長野県縦断ツーリング(前半)

さて、今年も長野県縦断ツーリングをしますよ^^   目次1 ルール2 前半(1日目)3 ツ

ツーリングで入ってみよう!長野県の足湯リスト

  長野県には温泉浴場がいっぱいあります。 平成27年度の環境省の統計では、温泉利用の公衆

カブでフェリー2回使って四国→しまなみ海道へ行った話(第1話/全8話)

こんにちは。こんばんは。まのんです。   しまなみ海道を原付(クロスカブ)で走りたいと思い

2016年阿蘇への旅ツーリング(6日目 南阿蘇、熊本)

2016年4月29日~2016年5月8日かけて阿蘇へ向けてツーリングした時の話です。 目次1 全ルー

富士山が見えるキャンプ場にキャンプに行く~の巻

今回は、富士山が見えるキャンプ場にキャンプに行きます~     さて、どこにいく

googleアドセンス

7つの国道の起点、日本橋に行ってみる

ツーリングと言えば、道路!   道路といえば・・・ツーリング!   go to

ツーリングマップルの昭文社が希望退職者を募集

金曜日の記事はバイクと関係ありそうでなさそうな記事です。   さて、地図といえば、ツーリン

クロスカブにオイル添加剤を入れてみる。

今回は、クロスカブにオイル添加剤を入れてみます。   クロスカブの推奨エンジンオイルは、

2018年ツーリングまとめ(後半)

さて、2018年のツーリングまとめ(後半)です。 目次1 地図2 いつものマップ3 1年間のまとめ(

なぜ長野県ばかりをツーリングをするのか?

今回は、「なぜ長野県ばかりをツーリングをするのか?」というお題なのですが、 実は、ツーリングを特に長

  • メルマガの購読

  • まのんプロフィール

    名前:まのぴ~
    血液型:0型
    所在地:信州(長野県)
    バイク:Ninja250、クロスカブ
    自己紹介:へっぽこライダー。へっぽこITエンジニア。個人投資家ダメリーマン。2013年から本格的にバイクに乗り出す。Ninja250でお遍路中にコケるもなんとか11日間で全部回ってみたり、クロスカブで信州から四国までフェリーを乗り継いで1日で行って見たり、ボロボロになりながら、ツーリングライフを楽しんでいます。

    詳しいプロフィールはこちら

    にほんブログ村 バイクブログ ツーリング(バイク)へ
    参加中♪順位はバナーをクリック!


    バイクツーリング日記 ブログランキングへ