更新通知を受け取るには左下のベルをクリックしてね♪

応援のみの方は↓をクリックしてね♪
にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ

小さな山に登って体が痛い(T_T)

ツーリング

小さな山を登っていました。
いや、登山される方から見ると登ったというというより歩いたと言ったほうがもしれません。
でも、一応、頂上目指して行くことと、私にとっては大変なことなので、今回は、登るってということで統一しますね。
また、山というとアルプスのような山をイメージされるかもしれませんが、小さな山です。

 

しかし、私はバイクに乗る人間ですので、歩くより、バイクで行ったほうが早くね?って人です。そういう人から見ると、小さい山でもキツイんです。きっと多くのバイク乗りが運動不足に違いない(゚д゚)!(偏見)
運動不足の人が、山を歩こうって言うんですから、結果は見えておりますがね。

 

登った理由はですね、靴やザックのテストと運動不足解消です。それと、バイクにも乗りたかったんで、近くまではバイクで行きましたよ。

 

バイクは駐車スペース?に置いておいて登ります。

 

ごみ捨て禁止と書いてあるが、カブはゴミではないぞ。

 

 

歩いて10分。もう辛い・・・(^^ゞ

 

 

山はですね、まだ雪が残っているので、バイクでの走行は危険です。

少なくても3月頃までは、山は路面が凍っているところがあるので、都会の人は、自分のところに雪がないからと言って、誤っても、長野の峠を走らないようにね。転びます(経験者は語る)

 

 

ちらりと町並みが見える。

 

 

日の当たらない場所は雪が多いね。

 

 

だいぶ上がってきた。

 

 

歩いていると、いろいろな事考えちゃってね。

 

 

例えば、人生哲学的なこと。

 

 

山登りって、上がっていく方はキツイから人生で言えば逆境だよな?

 

 

そういえば、新渡戸稲造の本の中で、要は順境とは自分が思い通りに物事が運んでいる状態で、逆境ってのは自分の思い通りにならない状況だと書いてあったっけな。

 

 

でも、逆境ってのは、決して悪いことではなく、短期的な目線で考えるからであって、長期的な目線で考えれば、自分にもたらすプラスのことって多いってことらしいし、そのことを考えないのはダメって書いてあったな。

 

 

それに、逆境でも、時折見せるいい風景があるらしい。

 

 

そもそも、世の中、物事はうまく運ばないって思っていれば、そうでもないのかな?

 

 

なんでもうまくいっていることが珍しくって、うまくいかないことのほうが多いのかもしれない。

 

 

山登りって、人生哲学的なところとかぶるところがあるかも。

 

 

なんて、いろいろ考えてましたよ。

 

 

そして、当たり前のことなんだけど、自分の中ではすごいことに気がついたんです。

 

 

えっと、まあ、誰でも考え方次第で、今すぐ幸せになれるってことですが、話が長くなるので、またの機会

 

 

さて、歩いて、1時間位。頂上の山荘らしき建物見えてきた。

 

 

山荘に到着。冬は営業をしていないようです。

 

 

山の上は冷えます。

 

 

頂上から見た風景

バイクで来ても同じ景色なんだけどね、登ってくると、ちょっと達成感があるかも。

 

 

ご飯を食べて休憩。さて、下ります。

 

 

やや!?

さっきはなかったような石が道端に・・・

 

 

 

あそこから落ちたんか・・・

 

 

バイクは来ないと思うけど、どかしておこう。

 

 

ある年の4月にNinja250でビーナスラインを走った時に、石が同じように転がってたことがあったんです。

 

 

ブラインドカーブのところに落ちていたんで、私からは見えなくて、踏んづけてしまいました。

 

 

バイクがちょっと空中に浮いて、着地した瞬間にちょっと衝撃が来て、ハンドルから手が離れてしまい、自分は、タンクにしがみつく感じになってしまいました。

 

 

一瞬のことで、何が起こったのかすぐには理解できず、ハンドルを持たない状態で、バイクは、ガードレールのない崖に直進していて、終わったと思いました。

 

 

幸いなことに、カーブでだいぶ減速していたので、ギリギリのところで、ハンドルに手がかかり、バイクを倒して曲がることが出来ました。

 

 

小さな石が、大惨事になることがあるので、危ないです。

 

 

見かけたら、除けていただけるとありがたいですね。

 

 

さて、下ります。

 

 

おろ?、また落ちてるよ・・・

 

 

山道を走る時は、慎重にお願いします∠(`・ω・´)

 

 

クロスカブあったー(安心)

 

 

黄色がええ(赤もいいよ)。自分のバイクがええですな。

 

 

3時間位歩きましたか。

 

 

やばい、体が痛いぞ・・・

 

 

うむ、痛いわ、痛いわ、あうう(T_T)

 

 

なんか、しょーもない記事となってしまいましたが、そのうち、こういうのがてんこ盛りになっていくかもなんでw

 

 

ではでは~

 

 

コメント

  1. マサ より:

    登山、お疲れ様でしたm(_ _)m
    自分も一時期低山登山をしていましたが、やはり自分の脚で登り切った時の充実感と山頂のラーメンは格別でしたね‼
    確かに登っている途中や、山頂に着くと自分の働き方は果たして正しいのか?また、山頂から眺める風景を見ると、自然の偉大さに比べて自分の悩みは小さいとか色々考えますよね~。
    しかし、山頂の山小屋が廃墟っぽくて怖いですね😨

    • まのぴ~ より:

      マサさん、ありがとうございます~
      ライダーでも登山をされる方がいらっしゃるんですね(゚д゚)!
      ほんと、いろいろ考えてしまいました。
      例えば、ツイッターとか見ていると、みんないろいろなところへ行っていいなーとか思ってしまい、そういったことが出来ない自分が何か不幸のような感じがしてしまいますが、考えてみると、自分ができることって意外と多く、意外と恵まれていたりするんですよね。そもそも、バイクの乗れることやバイクに時間がかけられるということも別の人から見れば幸せなことに見えることもあります。
      つまり、不幸とは自分が作り出しているのかもしれませんね。とかね^^;
      山小屋はだいぶ年季が入っていますね( ゚д゚)