*

ホンダとヤマハとスズキとカワサキの比較

     最終更新日: 2016/01/14

にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ

ご覧いただきありがとうございます。おかげさまでバイクブログランキングで上位です


各バイクメーカーを比較してみました。

ホンダとヤマハとスズキとカワサキの売上と台数の比較(データ)

メーカー ホンダ(HONDA) ヤマハ(YAMAHA) スズキ(SUZUKI) カワサキ(KAWASAKI)
二輪車 2014/4/1-2015/3/31 2014/1/1/-2014/12/31 2014/4/1-2015/3/31 2014/4/1-2015/3/31
連結売上台数(国内) 20万台 12万台 7.2万台 1.5万台
連結売上台数(全体) 1074万台 580万台 141万台 58万台
売上台数(国内) 20万台 7.2万台
売上台数(全体) 1777万台 176万台
生産台数(連結) 1024万台 588万台 109万台 不明
連結売上金額(国内) 725億円 460億円 224億円 132億円
連結売上金額(全体) 1兆8241億円 1兆円 2548億円 2824億円
1台あたり売上(国内) 36万円 37万円 31万円 88万円
1台あたり売上(全体) 17万円 17万円 18万円 49万円
出典、データ元
https://www.khi.co.jp/ir/news/presentation_1504.pdf
https://www.suzuki.co.jp/ir/library/businessreport/pdf/busrepo_149-2.pdf
https://global.yamaha-motor.com/jp/ir/report/pdf/2014/2014report.pdf
https://www.honda.co.jp/investors/library/financialresult/2014/Financial_Result_2014_4q_J.pdf
https://www.honda.co.jp/investors/library/report/2014/2014-yuho-91.pdf
https://global.yamaha-motor.com/jp/ir/security/pdf/2014/2014_security.pdf
https://www.khi.co.jp/ir/pdf/y_192.pdf
https://www.suzuki.co.jp/ir/library/valuablesecurities/pdf/h27_3.pdf

バイクメーカー別日本国内のバイクの売上数と売上金額の比較

データだけ見ても、わからないので、グラフにしてみました。

日本国内に限定しました。

日本国内のバイクの売上数と売上金額の比較です。

002

直近決算からですと、

1位:ホンダ
2位:ヤマハ
3位:スズキ
4位:カワサキ

でした。

さすが、ホンダです。

ところが、よく見てみると、不思議なところがあります。
カワサキのところです。かなり、段差があります。
つまり、1台あたりの売上単価が高いということになります。

 

バイクメーカー別日本国内のバイクの売上高と1台あたりの比較

001

面白い結果が出ました。

カワサキが国内4位なのですが、1台あたりの売上が88万円と驚異的です。

カワサキの場合、「モーターサイクル&エンジン事業」となっていて、
純粋にバイクだけではなく他のことも混じっています。
よって、他の製品も合算した売上から、計算してしまうため、厳密には正しい数字ではないかもしれませんが、
でも、大型車が主力ということがわかります。(まあ、スクーターや原付とか主力じゃないですしね)

たしかに、カブがいっぱい売れても、利益という意味では、数を売らないと厳しいかもしれませんね。
円高だと日本で生産するのは厳しいかもしれません。(日本で生産して欲しいけど)

大型車は、利益率がいいため、売れるとどんと利益が出る構造です。
大型車は、当然、高級車となるため、日本での生産が戦略的にも良いでしょう。

カワサキが、なぜ、H2,H2Rなどを出すのか、経営戦略的にもこのあたりが見え隠れします。、
データからもよくわかります。

ただ、大型車や高級車がいいことばかりではなく、不景気になれば、真っ先に売れなくなります。
車と一緒ですね。カブのような小型のバイクが好まれます。

 

バイクメーカーの従業員に関する比較

従業員情報

従業員数(連結) 20万人 5万人 6万人 3.5万人
従業員数(単体) 2.3万人 1万人 1.5万人 1.6万人
従業員数(二輪関係) 2514 6626 1930 1969
年収 768万円 714万円 626万円 722万円
平均年齢 44.5歳 42.3歳 39歳 38.5歳
平均勤続年数 23.5年 19.1年 16.6年 13.8年

これは、面白いほど、はっきりと傾向が出ました。

私は、平均勤続年数が長いほど、従業員満足度が高いと考えていますので、
恐らく、従業員が働きやすい、福利厚生が整っているなど、社員に手厚いと考えられます。

とは言うものの、カワサキがダメかというとそうではありません。
平均年齢や平均勤続年数は、若い人が入ってくると下がります。

年収から見ても、かなりいいです。羨ましいですね。

 

まとめ

各メーカーとも、バイクの普及に頑張ってください。

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村
ブログパーツ

 -情報

  Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Optionally add an image (JPEG only)

  関連記事

GoogleMap先生はルート探索が賢い(GoogleMap vs Yahooナビ)

バイクにスマホフォルダをつけて、ナビとして使っている方も多いんじゃないでしょうか?   &

バイクと時計の話

ぴっ、ぴっ、ぴっ、ポーーン!ブログの時間だよー(^^ゞ   ということで、ツーリングにも旅

バイクとお金の話

こんにちは。FPまのぴ~です(笑)。・・・FP2級ですがね(ー_ー) 今日は、バイクとお金の話をしま

バイクの横滑りをガス発射で抑える新技術

これでバイクの転倒が無くなる!? プシュッ!とガス発射でバイクの横滑りを抑える新技術 くるまのニュー

キャンプツーリングでの装備紹介/必要な用品や道具

自分がキャンプツーリングで使っている装備や持って行ってる道具などをご紹介いたします。  

長野県を初めてツーリングする際に気をつけたい10のこと

(この記事は都会に住んでいて、初めて長野県をツーリングする人向けです。)   長野県を初め

クロスカブの魅力(18個の良いところ、9個の残念なところ)

今回は、クロスカブの魅力について、お話いたします~^^     クロスカブは、郵

二輪、高速道路乗り放題へ

(この記事は古いです) https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=201

バイクメーカーを知る【HONDA】【ホンダ】

教習所でお世話になったCB400やギネスブックにも載っている販売台数世界一のカブのメーカーですね。

バイクの未来

ホンダ、東南アに電動バイク 着脱式電池で19年メド 「二輪車世界最大手のホンダは2019年をメドに小

googleアドセンス

電線とか写真に写る余計なものを消してみる(デジタル技術の驚異)

さて、先日の記事で、ぼやいた電線が写真に写る件です。     問題の画像は、野麦

野麦峠(長野県)をツーリングする

今回は、野麦峠(長野県)をツーリングします~     目次1 野麦峠とは2 ルー

楽しいね^^キャンプの魅力について

梅雨が明けてキャンプシーズンになってきましたね。 キャンプといえば、日帰りのキャンプもありますが、テ

しゃがんだら、ケツから破れた(笑)

朝、会社で、女性の同僚と作業用パソコンが置いてある机の下を見ようと、しゃがみこんだら、  

長野県道26号線(野麦街道と境峠)をツーリングする

こんにちは~ 本日は、野麦街道(県道26号線)と境峠(県道26号線)をツーリングします。 &nbsp

  • メルマガの購読

  • まのんプロフィール

    名前:まのぴ~
    血液型:0型
    所在地:信州(長野県)
    バイク:Ninja250、クロスカブ
    自己紹介:へっぽこライダー。へっぽこITエンジニア。個人投資家ダメリーマン。2013年から本格的にバイクに乗り出す。Ninja250でお遍路中にコケるもなんとか11日間で全部回ってみたり、クロスカブで信州から四国までフェリーを乗り継いで1日で行って見たり、ボロボロになりながら、ツーリングライフを楽しんでいます。

    詳しいプロフィールはこちら

    にほんブログ村 バイクブログへ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 バイクブログ ツーリング(バイク)へ
    にほんブログ村


    バイクツーリング日記 ブログランキングへ